i-PIN 問題

韓国のインターネットの現状

ニュース

管理人から一言

i-PIN 問題

韓国では、YONHAP NEWSが報道した「i-PIN」(Internet Personal Identification Number)をめぐる問題点について、政府の情報通信部がこれを真っ向否定するという事態が起きた。

国会議員のソ・サンギ氏がi-PINについて3つの問題を挙げている。

●i-PINを発行する際、本人確認手段としてクレジットカード番号の入力や携帯電話での認証方法を利用する。このとき死亡した人の名義を盗用しても、本人確認機関は死亡者の情報を持っていないため、i-PINが発行されることになる。

●本人確認を行う際、個人情報の提供を必要以上に求めており違法である可能性がある。

●他人の名義を盗用してi-PINが発行された場合、名義人はi-PINの発行を受けることが困難になり、Webサイトの加入すらできなくなる。


これらの問題点に対して情報通信部はi-PINの問題点を真っ向から否定した。
ただ、これらの論争は正直まだまだ現実味を帯びていない人が多数。
それは単純にまだi-PIN自体の普及率が高くないからだ。
ただi-PINの問題点を指摘されたままでは、更に使用する人がいなくなるのは目に見えてわかります。
政府の情報通信部がこれらをどのような方法で解決に実証していくのかが目を離せない。

いずれにしても韓国では住民登録番号流出の事件が次々と起きています。
これはどの国もいたちごっこなのかもしれませんが、必ず何か決定的な解決策を見つけなくてはいけません。
今後も注目すべき課題となるのは間違いないだろう。